蓮光寺報恩講ニュース 2020年

報恩講についてのお知らせ
11月7日(土)~8日(日)

2020年9月18日公開

蓮光寺報恩講 2020
11月7日(土)~8日(日) ※日にちに注意!

新型コロナウィルス感染拡大防止を徹底し、従来の報恩講より規模を縮小して厳修いたします。本堂にお入りいただける人数に限りがあり申し込み先着順とし、また、Zoom(ズーム)配信もいたします。

日程表とともに、「法要の概要」等を熟読してください。

11月7日(土) ※日にちに注意!
午後2時〜3時30分ごろ 大逮夜法要
  • 正信偈、同朋奉讃(弥陀大悲の誓願の)、御文(大坂建立)
  • 法話: 「仏法の事は、いそげ、いそげ」(蓮光寺住職)
  • お斎 お持ち帰りのお弁当をご用意しています。
  • ★「報恩講の夕べ」は中止いたします。
11月8日(日) ※日にちに注意!
午前8時〜9時ごろ 晨朝法要
  • 勤行: 正信偈、同朋奉讃(弥陀成仏のこのかたは)、御文(鸞聖人)
  • 感話: 門徒2名
  • *朝食は中止です。持参して召し上がるのは自由です。
午前11時〜午後12時30分ごろ 日中法要〈御満座〉
  • 勤行: 正信偈、同朋奉讃(弥陀大悲の誓願の)、御俗姓御文
  • 法話: 「あれはあれ、これはこれ」(松井憲一先生)
    京都よりオンライン生法話
  • 御礼言上
  • *手作り精進料理は中止し、お持ち帰りのお弁当をご用意いたします。

法要の概要

  • 勤行は「大逮夜法要」、「晨朝法要」、「日中法要」(ご満座)すべて「正信偈・同朋奉讃」「御文」といたします。
  • 7日の「大逮夜法要」は、今年に限って2時から厳修いたします。蓮光寺住職が法話を致します。お持ち帰りのお弁当を用意したします。
  • 7日の「報恩講の夕べ」は中止いたします。
  • 8日の「日中法要」(ご満座)は、京都からオンラインで松井憲一先生にご法話をいただきます。
  • ご満座後の手作り精進料理は中止とし、お持ち帰りのお弁当をご用意いたします。

参詣について

  • 本堂にお入りいただける人数にはかぎりがございますので、先着順とさせていただきます。
  • 本堂にお入りいただけないご門徒には、「大逮夜法要」と「日中法要」(ご満座)をZoom配信いたします。参加のURLは別紙にて案内いたします。100名まで視聴が可能です。スマホ、パソコンで参詣することができます。
  • Zoomで参詣いただくご門徒は、ご懇志をお気持ちでお送りいただければ幸甚です。
    きらぼし銀行亀有支店 (普)395210
    宗教法人蓮光寺 代表役員 本多雅人
  • 参詣できなかったご門徒には『ふれあい』43号で詳しくお伝えいたします。

その他

  • 10月31日(土)の「報恩講清掃奉仕」は行います。「お斎(お食事)作り」はございません。

講師紹介

11月7日(土)

大逮夜法要
法話: 「仏法の事は、いそげ、いそげ」(蓮光寺住職 60歳)
〈住職からのメッセージ〉
コロナ禍にあって、「不要不急」という言葉が定着しています。この言葉は、単に新型コロナウイルス対策の言葉ではなく、人生で不要不急に値しない大切なこととは何だろうかと問いかけているようです。蓮如上人は「仏法には、明日と申す事、あるまじく候う。仏法の事は、いそげ、いそげ」と言われています。そのお心を訪ねていきましょう。

11月8日(日)

日中法要〈御満座〉
法話: 「あれはあれ、これはこれ」(松井憲一先生 聞法道場「道光舎」主宰 82歳)
〈松井先生からのメッセージ〉
「これをあれにしよう」「あれをこれにしよう」と毎日がんばっていませんか?

【ブロフィール】
元大谷大学講師。聞法道場「道光舎」主宰。蓮光寺住職が道場長を務める東京教区伝道講習会のご講師として長年、若手僧侶の育成に努められている。全国各地に法話で出講され、蓮光寺には2010年の「成人の日法話会」にご法話をいただいた。主な著書『歎異抄講話(上)聖人のつねのおおせ』『歎異抄講話(下)異義をなげく』(法蔵館)、『親鸞聖人の正信偈に人生を聞く』(白馬社)など多数。

© 蓮光寺