蓮光寺報恩講ニュース 2019年

報恩講写真特集

2019年11月7日公開

蓮光寺「報恩講」2019が盛況のうちに円成いたしました。清掃奉仕からご満座までの様子を写真で特集いたします。

10月26日(土)

報恩講に向けての清掃奉仕。今年も20名以上のご門徒等が参加され、いい汗をかきました。いよいよ報恩講をお迎えするばかりです。

清掃が終わり、茶話会の時間
最後は勤行をして解散

準備

お斎作り、事務&セッティングは、11月2、3日の2日間とも午前9時前から始まりました。

お斎作り

手作り精進料理は、大勢のご門徒の力によって、約200人前作られました。

大逮夜法要1時間半前、お茶タイムです

事務・セッティング

最近、居座っているクロネコちゃん。みんなを見守っています
玄関前の庭の最後の手入れに余念がありません

報恩講 11月2日(土) 大逮夜法要

法話は蓮光寺住職。念仏申すことによって、凡夫と自覚せしめられることが、すべてのことの出発点と語り、具体的には“つながりあって支え合って生きている世界”を感じないことが真のよりどころを失った多くの現代人の課題であることを、さまざまな角度から語った。詳細は後日掲載します。

報恩講の夕べ - シュガーシスターズ コンサート

童謡の曲を中心に、素敵なハーモニーと歌声に、聴衆は魅了されました。「夕焼け小焼け」「シャボン玉」「赤とんぼ」などたくさんの童謡を披露。また「トルコ行進曲」や「恋のバカンス」「見上げてごらん夜の星を」などレパートリーの広さに驚嘆! トークも抜群でした。詳しいプログラムは次回掲載します。

リハーサル風景
控室でアルバム「Megumi」にサインをしてもらい、ご満悦の住職
住職のご挨拶
シュガーシスターズ 左から佐藤容子さん(姉)、佐藤寛子さん(妹)、電子ピアノも佐藤さんですが姉弟ではありません。でも3人とも山形出身です
山形の法被を着て

報恩講 11月3日(日) 晨朝法要

小鳥のさえずりを聞きながらの朝の法要。朝なので参詣者は少ないですが、門徒さんの感話が、素直に表現されて、すがすがしい法要です

感話1 阿部美次郎さん
感話2 中村四士子さん

報恩講 11月3日(日) 御満座

準備OK
司会の上野ちひろさん
草間総代の開式挨拶
ご俗姓拝読
藤原千佳子先生

御礼言上

報恩講に参勤くださったご講師、法中の皆さんに、蓮光寺門徒が御礼を述べます。河村総代の御礼言上は次回掲載いたします。

住職の閉会挨拶
御礼言上

お斎

報恩講 2019 
安心して迷うことができる道をたずねよう!
11月2日(土)~3日(日)

2019年10月3日公開

報恩講清掃奉仕

「報恩講」はご門徒の協力によって創られています。心を込めて清掃して、本堂をピカピカにして、気持ちよく「報恩講」をお迎えしましょう。ご参加できるご門徒はお寺までご連絡ください。

10月26日(土)午後2時~4時30分
2:00 清掃奉仕
3:30 茶話(休憩)
4:00 勤行

昨年の様子

お斎作り

11月2日(土)、3日(日)
午前9時~(随時)

報恩講(11月2~3日)の3日の日中法要(ご満座)後のお斎(お食事)は手作りです。蓮光寺報恩講は多くのご門徒のご協力によって成り立っています。人と人との関係を持ちながら携わることは楽しいことですね。

参加ご希望の方はお寺にご連絡ください。

●一日だけでも、少し遅れての参加も大歓迎です。
●夕方終了予定ですが、早退されても構いません。
●エプロン、頭にかぶる大きめなハンカチをお持ちください。
●主な仕事は、野菜切り、味付け、食器の準備等々です。
●3日は配膳係のお仕事もあります。

昨年の様子
11月2日(土)
午後3時〜5時 大逮夜法要
  • 勤行(正信偈 草四句目下・念仏和讃・回向・御文)
  • 法話: 蓮光寺住職(釋徹照)
  • お斎 お持ち帰りのお弁当をご用意しています。
午後5時30分〜6時30分過ぎ 報恩講の夕べ
  • シュガーシスターズコンサート
11月3日(日)
午前8時〜9時 晨朝法要
  • 勤行(正信偈・同朋奉讃)・御文
  • 感話: 門徒2名
午前11時〜午後1時 日中法要〈御満座〉
  • 勤行: 正信偈(真四句目下)、念仏和讃、回向、御俗姓
  • 法話: 藤原千佳子先生(石川県能美郡・浄秀寺前坊守)
  • 御礼言上
  • *お斎(手作り精進料理): 午後1時すぎ

11月2日(土)

大逮夜法要 | 午後3時〜5時

法話: 蓮光寺住職 「自己を明らかにする ─凡夫に帰ろう─」
私たちは様々な迷いや苦悩を抱えて生きています。人間は基本的に自分の都合のよいこと、悪いことを分け、都合の悪いことはなかなか受け入れられません。ですから、人間の思いが、人間を本当に支えることにはならないのです。そういうことで言えば救われがたき身を生きているといってもいいでしょう。ところが、どうにもならないことがおこってきたとき、自分よりもと大きな世界から自分を見つめる眼が与えられていることに気づかされるのです。具体的に言えば、それはお念仏の世界です。すでに私たちはお念仏に呼びかけられているのですが、それになかなか目が開かれません。お念仏申すことにおいて、自分が愚かな凡夫であったと自覚するとき、思いもかけず生きる意欲があたえられてきた無数の人たちがおられます。自分自身を、そして生きるよりどころを失っている現代に生きる私たち。お念仏の教えをとおして、自分自身を明らかにしていきましょう。

報恩講の夕べ | 午後5時30分〜6時30分過ぎ

シュガーシスターズ コンサート
〈シュガーシスターズさんからのメッセージ〉
皆さまさま、はじめまして。私たちは「美しく響く日本のうた 心のハーモニー」をテーマに姉妹で歌ております。シュガーシスターズと申します。生まれは山形ですが、東京藝術大学の学生時代から亀有にご縁があり、大好きな街です。このたびのコンサートは「童謡」を中心としたプログラムです。
「童謡は心のふるさと」と例えられるように、季節の移ろい、思いやりの心などを、歌で感じ、そして世代を超えて親しむことができます。ご家族の皆さまで口ずさみながら、美しい秋の夕べを一緒に過ごしませんか。当日、蓮光寺様でお会いできますことを心より楽しみにしております。
報恩講の夕べで歌う曲の一部を紹介いたします。
見上げてごらん夜の星を/トルコ行進曲/赤とんぼ/シャボン玉/ウサギのダンス/あの町この町 他

【プロフィール】
佐藤容子(ソプラノ)佐藤寛子(メゾ・ソプラノ) 山形県山辺町出身。ともに東京藝術大学音楽学部声楽科卒業、同大学院修士課程独唱科修了。
日本歌曲の分野で互いに最高峰の評価を受ける実力派姉妹ユニット。 2017年キングレコードよりアルバム「Megumi 〜未来へつなぐ日本のうた〜」でメジャーデビュー。
オーケストラ共演多数、NHK-Eテレ「ららら♪クラシック」をはじめTVやラジオへの出演などメディアでも活躍中。
所属事務所:(株)オフィス ルナピエナ
公式ホームページ:http://sugarsis.com/

11月3日(日)

晨朝法要 | 午前8時〜9時

感話: 門徒2名

日中法要〈御満座〉 | 午前11時〜午後1時

法話: 藤原千佳子先生(石川県能美郡・浄秀寺前坊守) 「仏さまのよびかけ」
〈藤原先生からのメッセージ〉
今、私たちは折にふれ、お念仏申しております。しかしこのお念仏は、南無阿弥陀仏という漢字を覚えてからとか、またその意味を学んでから出遇ったのでしょうか。そうではなく、いつの間にか知らないうちに、祖父母やまわりのご縁のある人たちがお念仏申されていた、そのお念仏を聞いたのですね。言葉が先に私の身に届いて下さった、このことが尊くありがたいです。
しかし私たちはお念仏申しながら日ごろの心で生活しています。お念仏までも相対的のものさしにしてしまう私、そして悩み苦しむ私に一如の世界からよびかけてくださる「仏さまのよびかけ」とは・・・を親鸞聖人のお心に聞いていきたいと思います。

【ブロフィール】
真宗大谷派金沢教区・浄秀寺前坊守。寺報『法爾(ほうに)』の「おたより」の欄を担当され、お寺での数々の聞法会や諸行事で、門徒さんと深く交流をされている。全国から法話依頼が殺到し、法話活動も活発にされている。主な著書に『仏さまのよびかけ』(東本願寺出版)、『慈光はるかに』I・II・III(浄秀寺)、『みひかりに遇いて』(大谷婦人会)、CD『お念仏に遇いて』(東本願寺出版)他多数

© 蓮光寺